高校生の長期(卒業)留学

高校生は、夏休みのホームステイ体験、1年間の交換留学などが主流ですが、主に英語圏の高校ヘ、卒業目的で3年間通うケースもあります。この場合の目的は主に2つあります。

1つは、その国の大学へ入学したい場合です。現地の大学へはもちろん日本の高校を卒業してからでも入学できるのですが、その時点での英語力には大きな不安が残ります。英語力はさほど問わない大学の方が多数派ではありますが、有名大学へ入学できるケースは非常に稀です。
そのため現地へ高校一年生の時に渡り、そこからみっちり英語で勉強します。その国のカリキュラムで直接学ぶことができるため、海外からの留学生が課されるコース受講をせずにそのまま現地の大学生と同じスタイルで大学生活をスタートさせることもできます。

例えばイギリス系の大学であれば、イギリス人高校生以外は大抵、ファウンデーションコースという、大学入学コースを一年間受講しなければなりません。これはイギリス人高校生ならば高校で修了済みの分野を留学生も大学進学前に受けておくべきであるという考えに基いたコースです。自信がない留学生にはありがたい話ですが、すぐに大学生活を始めたい学生にとっては少々有難迷惑なコースです。イギリスの高校を卒業すればファウンデーションコースへ通う必要はありません。
また、高校生の最終2年間かけて取得する国際バカロレア資格も、日本にいながら習得できる学校の数は非常に限られており、海外高校の方が学校の選択肢が多いため、この資格取得のために日本を飛びだすケースもあります。

もう1つは、日本の大学へ帰国子女枠入学したい場合です。そのためだけにわざわざ高校生活を外国で送る人などいるのか、と耳を疑う人もいるかもしれませんが、このようなコースも非常に人気が高いのも事実です。
日本の大学の海外分校へ通うケースもありますし、外国の高校へ通うケースもあります。日本の大学や高校の海外分校へ行くことを留学と呼んでしまっていいのかも疑問が残るかもしれませんが、ニューヨークやシンガポールにある日本の有名校の分校は大人気です。また、中国にあるインターナショナルスクールやアメリカンスクールも日本から近いため、帰国子女枠目的でやってくる学生が存在します。
この場合、何年以上の海外滞在が必要か、留学でも帰国子女認定をもらえるのか、など進みたい大学の入試要項を十分に調べてから行動を起こす必要があります。時々入試要項の見直しもありますから、そうなった時のことも想定した上で留学を決定する必要もあります。
ただ、英語もある程度身に付き、日本に留まったのでは到底勝ち抜けない大学入試競争に勝つことができるため、情報収集さえ怠らなければ、これも一つの立派な意義ある留学と言えるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です