大学生の長期(卒業)留学(アメリカ)

アメリカの大学は日本の高校生に根強い人気です。世界ランキングで順位を落とそうがなんだろうが、世界一はハーバード大学。イメージ先行型とは言え、憧れはやる気を下支えします。

アメリカには2年で修了するコミュニティーカレッジと、4年で修了する日本同様の大学の2種類があります。

アメリカのコミュニティーカレッジは、日本がまだ豊かだったバブル期はおおいに馬鹿にされていましたが、今は留学生に人気があります。理由は、入学基準が低いこと、かかる学費が低いこと、期間が短いことです。
敷居が下がりますから当然、エリートばかりが集う学校というわけではありません。ただ、コミュニティーカレッジヘ通う学生の多くは四年生大学へと編入し、引き続き勉学に励みます。2年ほどちょっと勉強して、という気持ちの学生もいますが、そういう場合も純粋に勉強したいと思って来ている学生が大半です。
ただ、学部のバリエーションが十分なかったり、規模の小さい大学も少なくありませんから、いわゆる「アメリカの大学生活」を広大なキャンパスで謳歌するなら断然四年生大学です。

四年生大学へ進学するためには、英語が母語でない人向けのテストTOEFLのスコアが必要なのが一般的です。それに加えて必要なのが、アメリカの高校生も受けるSATです。SATは、TOEFLとは比べ物にならないくらい難しく、例えるならTOEFLは小学生用、SATは高校生用、というくらい違います。SATはアメリカ人のためのテストですから当然です。
超一流大学の場合はTOEFLは必要ないケースもあります。TOEFL満点が前提で、SATの得点のみで判断されます。逆にSATが必要ない大学もあります。ESLクラスが準備されているような大学の場合、到底SATなど難しすぎて受けられない学生を想定した基準作りをしてあるためです。

無事大学へ入学したら、コミュニティーカレッジであっても四年制大学であっても、皆しっかり勉強し山のようなレポートをどんどん提出します。教科書は全て図鑑並みに分厚く、そのくせ授業ではほとんど使いません。授業中はディスカッションしてばかりです。教科書は家での予習用です。そのくらいは自分で読んで基礎的なことをわかった上で授業に出席し、それについての意見交換をします。
授業中に下を向いて必死で教科書を読んでいたなら、先生に注意されることすらあります。マンガを読んでいたならいざ知らず、教科書を読んでいるにもかかわらず「上を向きなさい」と注意を受けます。発言せよ、ということです。

 

帰国子女は自分の意見をはっきり述べる、とよく聞きますが、留学生も同じです。自分の意見を持ちはっきり言うことを求められます。日本とは違う授業スタイルであるため大いに刺激になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です