英語圏各国の大学の傾向

大学でスポーツをしたいならアメリカがお勧めです。アメリカは体育会の活動が活発であるため、総合大学へ入学すると、もれなくスポーツも楽しめます。映画などでイメージするそのままのスタイルで、広いグランドでスポーツを楽しむ学生がたくさんいます。自分もその仲間入りです。
逆に考えるなら、アメリカの超一流大学へ進学するならスポーツが得意な方が有利です。「SAT満点でアメリカンフットボール部のキャプテンなら、ハーバード大学入学へ一歩近づける」という冗談がある位ですから、勉強と共にスポーツ(そして欲張る人は音楽も)もたしなんでおけば、大学合格への距離が縮まるだけでなく、アメリカの大学生活を満喫することにもつながります。

また、アメリカは人種のるつぼですから、英語ができない人は相手にされない社会です。英語ができてこそ一人前であり、その代わり英語ができるなら肌の色は関係ありません。アメリカがアメリカたる所以はそこにありますから、大学生活も自分の頑張り次第で有意義なものにできます。

心理学、幼児教育など人間の内面や精神に着目するような学問を深く学びたいならイギリスです。イギリス人はおいしいものにもさほど関心がなく、どんよりとした天候で一年中を過ごすためか、体にいい食べ物、心にいい思考などに対する取り組みが盛んです。また、医療費が無料であるため病院は常にごった返しており、結局はまともな医療が受けられない状態に陥りがちなため、代替え治療も発達しています。
日本で言う「保険のきかない治療」は、イギリスでは重宝されています。怪しまれるのではなく逆に、そちらが本来の治療であるととらえる傾向にあるため、民間療法を取り入れる人の数は日本と比べて随分多くなっています。

イギリスにもたくさんの民族が住み、階級差別が激しいと言いますが、留学生には寛大です。留学生はイギリス人ではありませんから、家柄や人種もこだわりなく接してくれるイギリス人がほとんどです。冷たくされることは少なく、逆に暖かく迎えてもらえる留学生が大半です。

のんびりするならオセアニアです。国全体がのんびりしていますから、目覚ましい発展や著しい進歩とは無縁ですが、皆がのんびりしていますから、自分自身もがつがつする必要がなくなります。目に見える成果だけを求めず、ゆったりした環境の中でマイペースに勉強を進めるならオセアニアが最適です。
大学の学部もホスピタリティーや観光業などに力を入れており、おもてなしの精神が彼らの最も得意な分野です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です