西オーストラリアの大学へ留学中のSさんのケース

中学2年生の時に出会った学校の英語の先生は、英語がペラペラでした。英語だけではなく、考え方や立ち居振る舞いなど全てがどうみても日本人には見えない先生で、とても憧れました。その先生にはオーストラリアへの留学経験があるとわかった時点で、自分も是非将来同じオーストラリアへ留学してみたいと思うようになりました。
その先生の授業スタイルは日本のものとは全然違いました。今思えばオーストラリアスタイルであったのだと思います。それまで英語の成績があまり良くなかった私ですが、この先生の授業ではトップクラスにまで上り詰めました。私には日本の教育スタイルよりもオーストラリアの教育スタイルの方があうのかもしれない、と感じ始めました。

先生もかっこいいし、授業のスタイルも自分にあっている、ということで、将来のオーストラリア留学に向け、そこから一生懸命英語を勉強し始めました。そしてオーストラリアの大学へ留学できることになりました。オーストラリアの中でも西部を選んだ理由は日本人が少ないからです。

 

オーストラリアの大学ではとにかく学生が発言することを求められます。生徒からの発言がないと授業が成り立たないと思えるくらいです。課題をこなす宿題もたくさんでますが、それに加えて授業の内容に関する時事ニュースの知識を得る必要がありました。そのため、教科書と新聞との両方を必死で読む毎日でした。しかも読むだけではなくて、それを元に意見をまとめて発言するところまで求められます。最初は戸惑いました。発言も全くできませんでした。
ただ、どんな発言をしても尊重されるので、何でも言いやすい雰囲気でした。どのような意見も一つの貴重な意見だという認識で、正しいとか間違っているとか、判断をされることはありません。私も徐々に勇気を持って意見を言えるようになりました。

西オーストラリアはマイナーですが自然豊かな観光地でもあります。私は観光業関連の職につきたいので、時々日本からの観光客のお客さんをツアーガイドとして案内するインターンもして今から練習をしています。インターンは、お手伝いというよりは立派な仕事です。案内そのものを全て任されることすらあり、決して簡単な経験ではありませんが、積極的にインターンをするようにしています。
インターン経験の機会は日本にいるよりもはるかに多いと思います。たくさんインターンを経験し、将来的にその経験を全て生かし、オーストラリアで日本人観光客を案内するツアーガイドになりたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です