バイト先で出会った韓国人留学生に失恋した話

20代後半の頃、バイト先で女性の韓国人留学生に出会いました。出会いのきっかけとなったのは、同じチームに所属したからです。その頃の私はすでにバイトを5年ほど経験しており、ベテランの立場にありました。そのため新人として入ってきた韓国人留学生の彼女に、仕事を教えることになりました。

彼女の性格は一言で言えばマジメで、仕事に対してとても熱心に取り組んでくれました。わからない部分があればすぐに私に聞き、まったく手を抜くことなく全力で仕事に向き合っていたのです。仕事を教え始めの頃は「バイトをよく頑張ってくれて好感が持てるな」ぐらいにしか思わなかったのですが、しばらくしてから女性として意識するようになりました。彼女は職場に打ち解けるのも早く、仕事以外のこともだんだんと話すようになりました。休憩時間には雑談にも付き合ってくれたのですが、そうこうしている内に徐々に異性として好意を抱くようになったのです。同世代の女性と比べてどこか違う驚くぐらいの彼女の素直さと従順さは、私にとってとても新鮮に感じられました。

ただ彼女は未来ある韓国人留学生で私は単なるフリーターということもあり、アプローチしていいものかどうかとても悩みました。また恋愛感情を持っていることが変に伝わってしまったら、せっかくいい雰囲気で仕事ができているのにギクシャクしてしまうのではないかと心配になったのです。そのため好意を伝えることなくやり過ごすか、それとも関係をさらにもう一歩進めるかで迷ったのは言うまでもありません。

迷った末、意を決して食事に誘ってみることにしました。連絡先は知らなかったので、仕事が終わったあとに口頭で直接誘ってみたのです。ですが彼女は戸惑うような雰囲気を醸し出した後に「ごめんなさい」と言われ断られてしまいました。その後も何度か声をかけてみたのですが、食事に行くことは残念ながらできませんでした。

食事を断られるのが続いた後は少し気まずかったのですが、仕事は普通に続けていました。ですがしばらくすると彼女がとうとう辞めることになり、それ以上関係は進展しないまま彼女とはお別れすることになったのです。もしかして私のアプローチのせいで居辛くなったのではないかと気を揉みましたがそうではなく、もともと辞める日は決まっていたということでそれを聞いて安心しました。

そして後から他の韓国人留学生に「彼女には恋人がいる」と聞かされました。恋人がいたから、私からの誘いを受けなかったのです。失恋してしまいましたが、彼女に片思いしたことは今ではいい思い出です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です